保湿力×洗浄力クレンジングBEST3

優しく綺麗にメイクを落とす

鼻の角栓を除去する方法|自分の環境に合わせた肌作り

      2017/01/14

綺麗な肌

鼻の角栓を除去するために、あなたはどれだけの方法を試してきましたか?

「毛抜きで角栓を抜いた」

「コメドプッシャーで鼻の角栓を押し出した」

「毛穴パックで毛穴から角栓を剥がし出した」

角栓を除去しようと、こんな方法を試みたはず。

あなたが今この記事を読んでいるということは、まだ鼻の角栓を除去できていない、もしくは改善する方法を模索中ではないでしょうか?

これらの方法を試したことがある私からすると、やはり角栓を無理にはがしたり引っこ抜いたりするのは肌に良くないですね。

むしろ悪化したこともあるくらい。

自然と抜け落ちるのを待つか、もっと肌に優しい方法がオススメです。

そこで、鼻の角栓を除去する2つの方法を紹介したいと思います。

鼻の角栓を除去する方法

1.クレンジング

鼻の角栓を除去するのに、クレンジングで洗い流すという方法があります。

最近、けっこう流行っていますね。

クレンジングオイルでも角栓を目立たなくできるみたいですが、もっと期待できるクレンジングがあります。

私はマナラのホットクレンジング、リ・ダーマラボのクレンジングがオススメ。

リ・ダーマラボはこんにゃくスクラブが特徴で、あなたの鼻にできた黒ずみや角栓に働きかけます。

毛抜きなどで角栓を強引に引っこ抜くより、クレンジングで優しく自然な形で洗い流す方法がベストだと私は考えています。

なにより肌への負担が違います。

毛抜きや毛穴パック、コメドプッシャーを使って毛穴をいじくりまわした結果、血が出たりヒリヒリしたことが方は多いのではないでしょうか?

クレンジングならそんな心配もないので、優しくケアできます。

2.角質培養

2つめは、健やかな角質を育て角栓のできにくい肌を作る方法。

肌表面にある角質って、意外にもちょっとしたことで簡単に剥がれてしまうって知ってました?

たとえば、汗をかいたりタオルで肌をこすったりするだけでも、角質は剥がれることがあります。

ターンオーバーという自然な流れではなく、摩擦などで角質をはがしてしまうと急いで新しい細胞が用意され、ターンオーバーが乱れることに。

摩擦などの刺激、肌の乾燥などを防ぎ健康な角質(肌)を育て上げることができれば、自然と角栓もできにくくなります。

ですが、この方法は向いている人と向いていない人がいます。

向いている人は、時間に余裕があり外出も少ない人。

健やかな肌を作るには時間がかかります。それに角質培養をしている際は、一時的に鼻に角栓(モサ)が大量に出ることがあります。

ですので、仕事で忙しい人はメイクで鼻の角栓を隠せないことがあるかもしれませんし、時間がかかることもあります。

手っ取り早く角栓をどうにかしたいのならクレンジング、角栓が抜けていく過程を楽しみながらゆっくり健康な肌を作っていきたいなら角質培養

自分に合った角栓除去法を試してみてください!

 - 毛穴